【悩み別】メンズクレンジングオイルおすすめ10選|効果&選び方&使い方も解説!

「クレンジングオイルって男性にも必要なの?」「おすすめのクレンジングオイルが知りたい」と思っている方も多いのではないでしょうか?

少しでも毛穴汚れが気になっている方や、コンシーラー・日焼け止めを使用している方はクレンジングオイルの使用をおすすめします。

この記事ではおすすめのメンズ用クレンジングオイルと効果、選び方、使い方まで徹底解説していきます。

肌が綺麗なメンズは女性からモテます。ここでクレンジングオイルの全てを理解して清潔感のある男性を目指しましょう!

目次

クレンジングオイルは男にも必要なの?効果はあるの?

男性にもクレンジンオイルは必要なのでしょうか?結論から述べると、以下の3項目を解消したい方はクレンジングをすることをおすすめします。

[box class=”blue_box” title=””こんな方におすすめ]
  • 角栓などの毛穴汚れを落としたい
  • 日焼け止めやメンズコンシーラーを落としたい
  • 肌のザラザラ(乾燥肌)を防ぎたい
[/box]

このようにクレンジングを購入しようとする理由はいくつかありますね。ひとつひとつ詳しく解説していきますので、読み進めて理解していってください!

角栓などの毛穴の汚れを落とせる

コンシーラーや日焼け止めを使用していると多少なりとも毛穴に汚れが溜まってしまいます。その汚れを落とさないで放置してしまうと黒ずみ、くすみ、毛穴の開き、ニキビとなります。

毎日、数回に渡って洗顔をしているのにも関わらず肌の調子が良くならない方はクレンジングが上手にできていないか、作業を取り入れていない可能性があります。

コンシーラーや日焼け止めクリームを使用した日は必ずクレンジングを行うようにしてください!

コンシーラーや日焼け止めの油分を落とせる

日焼け止めやコンシーラーなどは油性となっているため、しっかりとクレンジングで流し落とさないと肌に負担が掛かってしまい、ニキビが悪化するなど肌荒れの原因になります。

しかし、クレンジングをすることで油性成分を落とすことができて自然な状態に戻すことができます。

人間は寝ている間に汗をかきますが、その汗にメンズコスメ独特の皮質が反応してしまうと肌のトラブルが起こります。この皮質を落として顔の汚れを取り除きましょう。

肌のザラザラを防げる

洗顔後でも顔がザラザラしているのは、洗顔でしっかりと汚れを落せていないからです。毛穴や角質はニキビの原因になるだけでなく、肌をザラザラにします。このように肌に良くない状態が続くことで、ニキビや吹き出物などの肌の悪化につながります。

しかしクレンジングオイルを使用することで、古くなった角質や皮脂汚れを綺麗に落とすだけでなく、肌に保湿を与えてくれるため、ザラザラな肌を湿肌に変えてくれます。

また、洗顔した後にどうしても肌が乾燥してしまう方にもクレンジングは効果があります。

クレンジングオイルの選び方

「クレンジングオイルってたくさんあるからどれを選んで良いか分からない‥」という方も多いのではないでしょうか?

そこでここでは悩み別でおすすめのクレンジングオイルをご紹介していきます。自分がどんな悩みを持っているかを確認しながら商品を選んでみてください

選び方①:種類で選ぶ

大きく分けてクレンジングオイルは下記の3種類に選別することができます。

[aside type=”boader”]
  • 鉱物油系オイル

  • 油脂系オイル

  • エステ系オイル[/aside]

『鉱物油オイル』は、他のタイプよりも油性が強く、コンシーラーや日焼け止めの汚れを根本から落とすことができます。洗浄力に長けているため、毛穴の奥にある汚れもしっかりと取り残さずに落とします。

『油脂系オイル』は、動植物性の油となっており、ヒトの皮脂と組成が近く、肌にしっかりと馴染むことができます。また、保湿成分が他のオイルよりも長けているため、乾燥肌で悩んでいる方におすすめです。

『エステ系オイル』は、鉱物油系オイルと同様に、洗浄力が強いタイプです。エステ系オイルの中にはW洗顔が不要な商品も多く、使い勝手が良い点があります。

選び方②:低刺激を選ぶ

たしかにクレンジングオイルは肌に良いですが、刺激が強いクレンジングオイルは逆効果となります。敏感肌で悩んでいる方は特に刺激の強い物を使用することで肌の状態が悪化してしまう恐れがあります。

なるべく刺激が少ない商品を選ぶことをおすすめします。

選び方③:使いやすさ(濡れた手で使えるか)で選ぶ

入浴時の濡れた手でクレンジングができる商品を選ぶことも重要です。油と水と混合することないですが、湿った手でもキレイに汚れを落とすことができるとかなり便利で使いやすいです。

中には濡れた手だと落ちにくい商品も存在するため、入浴時にメイクを落としたい方は「濡れたままでもOK」と表記されている物を選ぶことをおすすめします。

とはいえ、日焼け止めや濃い目のメイクをした日は、濡れた手でメイクを落とすのは止めておきましょう。大量の水で濡れた手だと、乳化力が弱まってしまい、メイクや汚れが落ちにくくなります。

選び方④:サイズや費用のコスパで選ぶ

クレンジングは変動費ではなく固定費になります。そのため「なるべく費用を抑えながら容量があって効果も出る」コストパフォーマンスが良い商品を選ぶことが重要になります。とりあえずクレンジングオイルにトライしてみたいという方は、評判が良く、価格を抑えられるものを選んでみるのも良いです。

価格を調べてみると分かるのですが、商品によって価格は大幅に変動し、1,000円以下で購入できる商品があれば、なかなか手を出せないような高級な商品もあります。毎日のように使用することを踏まえると、効果があってコスパの良い商品を選ぶことが大切になることが分かりますね!

【悩み別】メンズ用クレンジングオイルのおすすめランキング10選

「クレンジング商品がありすぎてどれを選んで良いか分からない‥」という悩みを持っている方も多いのではないでしょうか?

他の記事でもおすすめ商品を紹介していますが、悩みは人それぞれ。悩み別で紹介しないと親切ではありませんよね!

そこでここからはメンズ用おすすめのクレンジングオイル10商品を“悩み別”でご紹介していきます。

総合評価No.1:ファンケル マイルドクレンジングオイル

ファンケル マイルドクレンジングオイルは、たった1本で肌のザラつき」・「メイク」・「毛穴汚れの機能を持ち合わせるマルチに作用するクレンジング。

使用者も多く、『クレンジングオイル=ファンケル』とイメージをお持ちの方も多いかと思います。

洗浄力が高いのに加え、肌に十分な潤いを与えて、乾燥が原因になる小ジワなどの促進を抑えてくれます

さらに、添加物フリーとなっているのため、敏感肌の方でも使いやすいクレンジングといえます。

関連記事:ファンケル マイルドクレンジングオイルの口コミや評判は?|使い方や販売店も徹底解説!

ファンケル マイルドクレンジングオイルの口コミ

私がお勧めするクレンジングの商品名は、ファンケルの「マイルドクレンジングオイル」です。特殊なオイルのパワーで、不必要な角質や毛穴の汚れを、すっきりと落としてくれるのがおすすめポイントです。不要な脂分を落としながらも、ある程度の潤いをキープしてくれます。洗い上がりも、突っ張ることがなくて使い心地が良い商品です。

ニキビ肌におすすめ:薬用 ニキビケア クレンジング

オトナのしつこいニキビから守ってくれるのが「薬用 ニキビケア」になります。こちらは男女兼用となっており、多くの男性からも指示されている商品です。

具体的にはニキビやニキビの原因となる角質、吹き出物などの予防効果があり、キレイな肌を保たせてくれます。肌の奥の方まで液体が浸透していき、肌の赤みや炎症を抑えることで肌荒れから防ぐことができます。

また、オウバクエキスやレモンエキスなどの植物エキスが配合されているので、肌の保湿効果があるのも評価ポイントです!

毛穴汚れにおすすめ:クレンジングリサーチ

https://www.instagram.com/p/BkrvSWsh-8V/

ニキビの原因となるガンコな角質を取ってくれる『クレンジングリサーチ』はニキビ肌の方におすすめ。

数字が凄さを語っており、累計で600万個も販売されている超大人気商品です。AHA(フルーツ酸)も配合されており、使用後はツヤのある肌となり、アップルのイイ匂いもします。

また、今では化粧落としの効果だけでなく、体全身の角質も取り除くことができるボディソープも販売しています。1週間に1度の定期的なAHAで、詰まった汚れている角質を取り除きましょう!

Amazonで785円とお手頃な値段設定になっているので、毛穴汚れが気になる方にはおすすめしたい商品です。

洗顔&メイク落としにおすすめ:オルナオーガニック オイルクレンジング

洗顔効果だけでなくメイクも落とすことができる『オルナ・オーガニック クレンジングジェル 』はW洗顔不要を好む方におすすめ!

植物由来のヒアルロン酸や美容エキス、コラーゲンなどの美容に欠かせない成分を存分に配合している商品です。また、こちらは無添加品となっているので、敏感肌をお持ちの方にもおすすめできます。

肌の保湿を保ちながら顔の汚れをキレイに取ってくれるため、面倒くさい時はこれだけで洗顔は完了です!

皮脂汚れにおすすめ:ドゥーオーガニック

https://www.instagram.com/p/B8WNoCnnM15/

『ドゥーオーガニック』は日本人の肌に合うように作られたリキッドタイプの国産オーガニックブランド化粧品とります。

とにかくスピーディに洗い上げできるように開発されたクレンジングで、肌に塗ると毛穴の奥底まで馴染むことができます。こちらの商品は濡れた手でも使用することができて、W洗顔が不要となっているため、手軽にスキンケアを済ませたい方にも非常におすすめです。

洗った後の肌は、ツルツルの滑らかさと、うるおい感を肌で感じられるかと思います。

ファンデーションや日焼け止めなどのメイクや頑固な毛穴汚れ、くすみなどが気になる方には是非一度は試してみて欲しい品となっています。

混合肌におすすめ:マルティナ  サルビアクレンジングミルク

『マルティナ サルビア クレンジングミルク』はオーガニックコスメの先進国ドイツで開発されたオーガニック化粧品です。この商品はデトックス効果のあるハーブを配合しており、「テカるのにカサつく」肌をお持ちの方に最適なクレンジング。

『マルティナ』では新陳代謝が活発な夜に効き目があるため、クレンジング後に洗顔をする必要はありません。

そのため、「洗顔が面倒」「W洗顔不要」を好む方で、かつ肌にも優しい商品を使い方と思っている方におすすめです。

花粉症で肌荒れが目立つ方にも愛用されており、これを使用してから落ち着いたという声も多くあります。また、頑固な毛穴の汚れやメイクも根本から落とし、メリハリ・潤いのある肌を保つ万能なクレンジングミルクになります。

乾燥肌におすすめ:ちふれ ウォッシャブル コールド クリーム

『ちふれ ウォッシャブル コールド クリーム』は、メイクとの相性もよく、しつこい油汚れも奥から綺麗にしてくれます。

マッサージクリームとしても使用できて、肌にも馴染みやすいので、健康的な肌のコンディションに整えてくれます。

また、値段もリーゾナブルとなっているため、定期購入も苦にはならないのも良い点です。

エイジングにおすすめ:アテニア スキンクリアクレンズ オイル アロマタイプ

引用:Instagram

アテニアのスキンクリアクレンズオイルは、肌のくすみを増加させる原因「肌ステイン」を取り除けることで評判が良いです。

また、ウォータープルーフのコンシーラーなどもしっかり落としてくれるので、毛穴汚れや肌荒れにも繋がりにくいのも特徴です。

無香料タイプとアロマタイプの2種類から選べます。中でもアロマタイプはイイ香りがするので、筆者としてはアロマタイプがおすすめ!

「年齢を重ねるごとに肌のくすみが気になってきた‥」という方におすすめできるクレンジングです。

ドラッグストアで購入可能:ハイピッチ / ディープクレンジングオイルW

ハイピッチ / ディープクレンジングオイルWは、『ユーカリオイル』と『オレンジオイル』の2つの天然潤い成分が配合されている肌の保湿力を上げてくれます。

無香料・無着色・パラベン無添加となっているのにも関わらず、日焼け止めクリームやコンシーラーなどもしっかりと落とすクレンジング力を持ち合わせています。

また、詰め替え用もあるため、継続的にコスパよく使用できるのも嬉しいポイントです。

無印良品で購入可能:無印良品マイルドジェルクレンジング

高い洗浄力を持ち、肌にも優しいのが無印良品の『マイルドジェルクレンジング』。

マイルドジェルクレンジングのテクスチャーはジェル状となっており、手が濡れている状態でも使用できるので、湯船に浸かりながらクレンジングを済ませたいという方にもおすすめです。

「桃の葉エキス」や「アンズ果汁」を潤い成分として配合しており、使用時はイイ匂いがします。

ジェルタイプなので、肌に馴染みやすく、使用後はすっきりとした感覚が持てます!

クレンジングの正しい使用方法

クレンジングの使用法が分からないと、「折角買ったのに効果がない‥」となりかねません。そんなことが起こらないように、ここからは正しいクレンジングの使用法を詳しく解説していきます。

1.石鹸で手を洗う

汚い手でクレンジングしては意味がありません。

ちゃんと手を洗ってからクレンジングするようにしましょう。

2.顔全体にオイルを馴染ませる

濡れた手をキレイなタオルで拭き取ってから500円玉くらいのオイルを手にのせます。

そのオイルを両手に広げて、顔全体に馴染ませていきます。

次に毛穴やテカリが気になる箇所に優しく人差し指で撫でるようになじませていきます。

[aside type=”warning”] Point!!
強く擦るのは肌にダメージを与えてしまうので優しく塗ることが重要 [/aside]

3.オイルの乳化作業を行う

手のひらに余ったクレンジングオイルに少し水を足して白くさせていきます。

それを「乳化させる」といいますが、その乳化作業を行い、顔全体に馴染ませていきます。

乳化させる理由は、オイルを流す際にキレイに落とすためです。

4.ぬるま湯で洗い流す

ぬるま湯でキレイにオイルを洗い流してください。

しっかりオイルを流さないとオイルが角質へと変化し、肌荒れの悪化につながってしまいますので、漏れがないように丁寧に流すことが重要です。

5.キレイなタオルでポンポンと顔の水滴をとる

キレイなタオルで優しくポンポンと顔の水滴を取りましょう。

[aside type=”warning”] Point!!
・強く拭くのは肌にダメージを与えてしまうので優しくやるのが重要
・汚いタオルで顔を拭くと肌荒れに繋がる[/aside]

6.洗顔をおこなう

粉状の洗顔ではなく、泡状の洗顔の方が肌に優しいため泡状の洗顔で顔を洗うようにしてください。

正しくクレンジングを行っていたら、気になる部分のザラザラがキレイになっていることが分かると思います!

まとめ

ここまでおすすめのクレンジングオイルやその効果、選び方、使い方などを詳しくご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

コンシーラーや日焼け止めクリームなどを使用している方はクレンジングが必要になる場合もあります。

クレンジングをしないで洗顔だけで済ませてしまうと肌荒れが悪化してしまいますので、「コンシーラー(日焼け止めクリーム)」と「クレンジング」はセットで購入することをおすすめしますよ!

[aside type=”boader”]コンシーラーを使っていて、もしクレンジングが面倒くさいと思う方は「ルオモbbクリーム」や「NULL BBクリーム」を選ぶことで洗顔だけで済ませることができます。
[/aside]

関連記事:メンズクレンジングの頻度・回数・タイミングは?そもそも男性にも必要なの?

関連記事:【特選】メンズ化粧水のおすすめランキングTOP13|選び方や効果も解説!